鮮やか土色

アニおと!!見聞録~アニメと音楽の個人ブログ~

アニメと音楽に関する個人ブログです。アニメやAV機器のレビューをします。

土色鮮やか

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

ダーリン・イン・ザ・フランキス第16話 私なりの感想&考察

 

さて、ダリフラ16話です。前回までのあらすじは↑から。

 

f:id:shinnonno:20180509165816j:plain

OPの映像が変わりました。曲は同じくきすおぶですです。今回から全体的に見て実質後編と考えて良いかも知れません。

海のような背景ですね。

ダリフラのテーマ的には海=原初生命の源のような意味合いなのでしょうか?前OP、というかこれまでの雰囲気はひどく不自由な、というか閉塞感があったのですが16話を見てずいぶん雰囲気が変わったなと言うのが全体の印象です。

 

f:id:shinnonno:20180509165906j:plain

ヒロにもらった鏡で角を手入れするゼロツー。

アレだね、スラムダンクで暴行事件を起こした三井が次の話で鏡に向かって歯を入れ直してニィってやってるシーンを思い出s…思い出さない?思い出さないか。そうか。

 

f:id:shinnonno:20180509170207j:plain

フランクス博士「接触はしていないな?ならよい。子供たちに鑑賞するようなことがあれば、この計画も水の泡だ。」

よくわからないのがフランクス博士の動向なんだよね。

ゼロツーからの信頼も受けている博士だけれど、14,15話でゼロツーに対して非人道的な実験を試みていた事がわかってから彼がどういう立場にいるのかわからなくなった。

パパ達に対して反発するような姿勢を見せていることから、変な予感は漂っているけれども。

新OP映像を見る限り、13部隊の子供たちの他にはナインズやフランクス博士が出てきていたけれど、これはナインズと対立する構図なのか、協力する構図なのかはわからない。

物語の雰囲気は明るくなったけれど、子供たちは大人の都合で振り回されているのは現状変わらずだ。

 

f:id:shinnonno:20180509170217j:plain

ナナ「テストを続けるにしても最低限の…」

フランクス博士「相変わらず固いのぉ。お前もかつては通った道だろうに」

ナナ「え…?まったく…なんなのよ…ウッ…」

頭を抑えるナナ姉。おそらくはヒロと同じように記憶処理が施されているのだろうということの暗示かな。

つまりはナナ姉もかつてはフランクスに乗っていたのかな。

ナナ(7)やハチ(8)というのだから当然彼女らも”子供”であるとは思っていたけれど、そういえば26部隊の人たちや、今回の話に出てくる話題の通り子供には制限時間があるというのが通説らしい。であれば、ナナやハチはなぜ今のようなポジションに居るのだろうか。という部分で、その制限時間を解消するすべもあるのかも知れない。

まあ、ナナ姉たちはヒロたちと違って一桁だからその点でも構造に違いはありそうだけれどもね。

 

f:id:shinnonno:20180509170229j:plain

ミツル「あの時の約束も、それを忘れていたことも、向こうは何一つ悪くなかった。結局僕はヒロを恨むことで自分の居場所を作っていたのかも知れない…」

反省している。やっぱりいい子。

ミツルが可愛い。

 

f:id:shinnonno:20180509170300j:plain

おほ^^~~!!!!!!!!(オタクスマイル)

うほほほおおおおおおおおお^^^^~!

ええぇぇぇぇええええええ!?!?!?

やばいやばい。うわーすげげえへへへへ。

マジでか。ここでか!

ミツルとココロがすごい良い感じだな。とっても嬉しい。

 

 

f:id:shinnonno:20180509170330j:plain

今週の可愛いゼロツー。

俺の好きなゼロツーが帰ってきた!!!このゼロツーだよ俺が好きなのは~!ギスギスが解消されてとっても良い。

ゼロツーの百面相が好き。

今回の話で一気にゼロツーが馴染んでるのとてもホッとする。

 

f:id:shinnonno:20180509170406j:plain

ミクの白髪。

ゾッとした。なまじゼロツーとのワイキャイで気が緩んでいたところに一気に恐怖が押し寄せてきた。

やっぱり26部隊の人達見たく、白髪が進行してしまうのか。そしてそれがタイムアップの合図…

上で、ナナ姉を例に上げて子供たちが制限時間を回避するすべがあるかもと思ったけれど、これを見る限りそんなことできなさそうかも。

 

当然人は老いるものだし人生には制限時間がある。それがフランクスに乗っていることで早くなるにしてもそれは変わらないはずなのに、文句なしのハッピーエンドを求めてしまう。ダリフラがどういう結末を迎えるかわからないけれど眼の前に迫った人生の制限時間がある以上ハッピーエンドとは言えないだろうなあ。ハピエン厨の私としては、解決してほしい問題だ。

 

 

f:id:shinnonno:20180509170416j:plain

ヒロ「フランクスに乗ることだけが俺たちの居場所じゃないよきっと」

今週の重要シーン。

この後のシーンでゼロツーが「人間になる=叫竜を沢山倒す」だけではないと悟ったように、ヒロや子供たちもこれまでの考えを改めるときなのかも。という回でした。これも成長というやつだね。

 

f:id:shinnonno:20180509170427j:plain

そして新たに不穏な影が…これは…グランクレバス内なのか…?

パパが言っていた「叫竜の姫がどちらを選ぶのか…」という言葉も気になるしね。

そういえば彼の地って、グランクレバスのことじゃなかったんだね。

 

うーむ、謎が増える…

 

azayaka-tuchiiro.hatenablog.com