鮮やか土色

アニおと!!見聞録~アニメと音楽の個人ブログ~

アニメと音楽に関する個人ブログです。アニメやAV機器のレビューをします。

土色鮮やか

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

ダーリン・イン・ザ・フランキス第5話 私なりの感想&考察

前回

 

第5話です。前回、ヒロとゼロツーがストレリチアに乗って巨竜と戦闘しました。

 

これでヒロとゼロツーは2回一緒に乗ったことになります。

 

 

 

ただし、ゼロツーと3回以上乗ったものはこれまで居ない…ゼロツーと一緒に3回目の戦闘を行う前の、今回はドラマパートです。

 

f:id:shinnonno:20180220030727p:plain

ヒロに謎の高熱が発覚。ゴローもこの表情。今回はゴローの人の良さがめっっちゃでてていいですね。実質ゴロー回。

 

f:id:shinnonno:20180220030735p:plain

ゾロメ「勝利をもたらすのはこの俺だ」

イチゴ「それを言うならヒロでしょ」

フランクスに乗れるようになったヒロはみんなに対しても自信有りそうな…と、いうかこれが本来のヒロなのかな。物語始まったときはすでに落ちこぼれポジションだったから視聴者が知らないだけで。

 

f:id:shinnonno:20180220030743p:plain

ヒロ「ゾロメ、足手まといにならないよう俺頑張るよ。これからもよろしく」

ゾロメ「ったくしょうがねえなあ。次もしっかりやれよ」

あのゾロメと…仲良くなっている…ゾロメは好きなキャラなので悪い面ばかりでなくこういういい面ももっと魅せてほしい。

 

 

 

襟を直そうとするイチゴと飛び上がるヒロ。まあヒロは熱のこと知られたくなかったんだろうなあ

f:id:shinnonno:20180220030529p:plain

イチゴかわいい

 

f:id:shinnonno:20180220030538p:plain

イチゴ「それでさ、その時の…」

ゼロツー「あ、ダーリン!おはよ!んふふ、こっち(はあと」

かわいい

あとイチゴかわいそう(;;)でも、逆寝取られみたいで興奮するね。

 

f:id:shinnonno:20180220030546p:plain

キッツー。はちみつ嫌いからしたら本当にきつい。ゼロツーにあーんされても俺は食えない。ゴローもこの表情。

 

f:id:shinnonno:20180220030556p:plain

この二人好き。でも物語の中盤くらいで死にそう。という勝手な、嫌な予想。

 

f:id:shinnonno:20180220030605p:plain

ヒロ「屋根から水が降ってくるんだ」

ゼロツー「なにそれ!みたい!」

ゼロツーってヒロにだけ態度違うのよねー。とはいえ、まだゼロツーとの信頼関係は完璧ではないようにも思える。

 

f:id:shinnonno:20180220030352p:plain

お薬飲むミツル。でも、セロツーと一緒に乗ったことによる弊害って薬でなんとかなるもんなの?それともただの痛み止めみたいな?

 

f:id:shinnonno:20180220030403p:plain

f:id:shinnonno:20180220030411p:plain

瀕死のヒロ。まあこれはヒロとゼロツーの暗喩でしょうな。

 

f:id:shinnonno:20180220030419p:plain

フランクスの形がバラバラなのはヒロの部隊だけだとさ。

 

f:id:shinnonno:20180220030431p:plain

ゾロメ「そっちの部隊でおとなになれた子供っているんですかー!」

に対する表情。どういうことなんだろうフランクスに乗るっていうのは命を削る行為である。。。のかも?

ゼロツーは特に、一緒に搭乗した相手の生命を削る特性が強いだけで、みんなそうなのかも

 

 

ぶっ倒れて苦しそうなヒロ。

f:id:shinnonno:20180220030225p:plain

ヒロの胸の腫瘍。これ、ちょっと思うところがあるのであとでもう一度纏めます。

 

f:id:shinnonno:20180220030231p:plain

ストレリチアと一緒に戦えない、という隣の隊のリーダーさん

 

f:id:shinnonno:20180220030238p:plain

ゴロー「俺は、ストレリチアは次の戦闘に出さないほうが良いと思…」

ヒロ「俺はやるよ。俺達の力をみせてやろうよ」

ヒロを止めたいゴローと、乗りたいヒロ。

そして

f:id:shinnonno:20180220030217p:plain

余計なこと言うんじゃねーよダボが、という表情のゼロツー。

 

f:id:shinnonno:20180220030033p:plain

女同士の喧嘩パート。

イチゴ「ひとでなし。あんたはやっぱり人間じゃない!」

ゼロツーに人間じゃないは禁句だよ…

ゼロツー「人間?じゃあさ、聞くけど君たちの言う人間って何さ」

 

f:id:shinnonno:20180220030043p:plain

「あたしいや…頭がぐちゃぐちゃになる…ヒロ…ヒロ…」

 

f:id:shinnonno:20180220030048p:plain

「なんだ…これ…」

なんだこれってどういう意味なんだろう。

1.手のひらにヒロみたいな腫瘍が出来ている

2.イチゴが泣いている意味がわからない、泣いているところを初めてみた

3.イチゴがヒロの名前をつぶやいていることによって、これまではなかったヒロへの嫉妬心が芽生えて自分自身が困惑している。

 

なんにしろ、気になるセリフです。3であったとしても、嫉妬心というものが自分に生まれたことへの罪悪感みたいなものが表情に現れていますね。やっぱ良いやつだゴロー。

 

f:id:shinnonno:20180220030054p:plain

「痛いでしょう、苦しいでしょう。でもとってもきれい。どうする?降りるなら今のうちだよ」

「俺は乗るよ」

 

f:id:shinnonno:20180220030102p:plain

守りたいこの笑顔。ヒロがゼロツーにとって特別な存在であるのは何となく分かるけど、それがヒロにとって良い結果をもたらすのかどうかがはっきりしていないのが視聴者とイチゴのもやもやポイントですね。

 

 

で、ヒロの胸の腫瘍なんですけど、

f:id:shinnonno:20180220030225p:plain

Bパート始まってすぐのところでナナさんたちがヒロの体調の話をしていましたよね。通常に比べて黄血球の数値が高い、みたいな。

でもこの腫瘍のことはナナさんたちには知られていない。知られていたとしたらストレリチアには絶対に乗せないはず。それなら黃血球の数値が高いとかどうして分かるんだろう。

ヒロがゼロツーに寮の説明をしていたけど、毎日用意される制服によって自動的に体調を測る機能が付いている、とか?

 

それは置いておいて、腫瘍がヒロに出来てしまっているのにナナさんたちは知らない、ということは、これまでのゼロツーのパートナーにはなかったモノなんでしょう。ヒロとゼロツーの適性が示されているとして、過去のパートナーにも腫瘍があるのならヒロにもそれが出来ているかどうか確認するはず。

 

ヒロにだけ出来たこの腫瘍、一体どういう意味があるのか。

続きは…また次回。

 

あ、あとこれ、ToLOVEるの矢吹神によるコミカライズ。

本当にスキがねえなこのアニメ。あとはこれからストーリーがどれだけ盛り上がるか…